おさえておこう、基本的なだし巻き卵の作り方

だし巻き卵は、シンプルと考えられがちですが実はコツをつかむまでに案外時間がかかる料理です。熟練の職人が作るだし巻き卵は、とてもやわらかく持ち上げると出汁が滴るほどジューシーです。職人の技術にはかなわなくても、しっかりと作り方の基本をおさえておけば、おいしいだし巻き卵を作ることが可能です。

基本的なだし巻き卵の材料

ますは、基本的なだし巻き卵の材料をご紹介します。卵3個、出汁75ml、塩小さじ4分の1程度、サラダ油を用意しましょう。好みにより塩の分量を加減したり、醤油や砂糖を加えます。

だし巻き卵の作り方1

まずは、卵を割りほぐします。出汁と塩を加え、泡立てないようによく混ぜます。こし器を使ってこすと、滑らかな口当たりなります。面倒な一手間かもしれませんが、大切な作業です。卵液が準備できたら、卵焼き器にサラダ油をひき、中火で熱します。だし巻き卵を作る上で、火加減はとても大切です。菜箸に卵液をつけ卵焼き器に当てて、ジュッと音が鳴る程度まで温めたら、卵液を流し入れていきます。

だし巻き卵の作り方2

卵液の3分の1量を流し込みます。底の部分に火が通ったら、さっとかきまぜて手前に折り畳むように巻いていきます。トロトロの状態で巻いていきますが、心配せずにすすめていきましょう。手前に巻き終えた卵液を、そのまま奥側へずらします。油を少量加え、残りの卵液を卵焼き器全体に広がる程度流します。この際に、初めに巻いた卵を持ち上げて流し入れましょう。同じように、手前に折り畳みながら巻いていき、卵液がなくなるまで繰り返します。

だし巻き卵の作り方3

すべての卵液を巻き終えたら、あたたかいうちに形を整えます。巻き上がったものが美しい形になっていれば、これ以上の作業は必要ありません。形が気になるかたは、あたたかいうちにサランラップやす巻きを活用して巻き、そのまま冷ますときれいな形で固まります。余熱によって固まっていくため、焼くときに少々形が崩れてしまっても大丈夫です。熱がとれたら、適度な大きさに切り分けて完成です。

だし巻き卵を作る際の注意点

通常の卵焼きと違い、出汁を含んだ卵液はサラサラするため多少作りづらさを感じるかもしれませんが、あわてずゆっくりと作りましょう。火加減がとても大切で、卵を巻く際に火が通りすぎているとくっつかず隙間のあいた卵焼きになってしまいます。卵は余熱で固まるため、卵焼き器に面した部分に火が通れば巻いていきましょう。途中で焦げ付きそうになったら、一度火からおろし、濡れタオルの上に置くと早く温度を下げることができます。卵をほぐす際には、泡立てずに注意し、最後にこし器でこせば滑らかなだし巻き卵ができます。忘れないように意識してみましょう。

卵焼き器について

だし巻き卵は、フライパンでも作ることが可能ですが、初心者のかたは特に卵焼き器を使用されることをおすすめします。卵焼き器を使う方が、形を整えやすく便利です。卵焼き器は四角い形をしていますが、正方形のものと長方形のものがあります。正方形のものは関東式、長方形のものは関西式と呼ばれています。家庭でだし巻き卵を作る際は長方形のものの方が作りやすいですので、調理器具を選ぶ時の参考にしてください。