だし巻き卵で人気のレシピ

作り方は多種多様

だし巻き卵のレシピを調べてみるとわかるように調味料などの微妙な違いが人によってあります。そのため同じだし巻き卵という料理であっても非常に多様な作り方ができます。一番良いのは色々試してみて自分の舌に合うものを探すことですが、そのためには人気のある、言わば万人受けするレシピから試してみると良いと思います。特にインターネット上にあるレシピはプロの作る、保証された味になるとは限りません。最も違いが顕著となるのは調味料の種類や分量です。だし巻き卵なので当然卵と出汁は必要ですが、これも卵の割合と出汁の種類にも幅があります。いきなり凝ったことをするよりは基本的な作り方を知ってから自分なりのアレンジを加えていくと良いでしょう。

必要な食材等

だし巻き卵を2人分作ることを想定して準備したとします。
・卵4個
・出汁50㏄
これらがまず必要です。厚焼き玉子と違って出汁という水っぽいものの割合が増えます。このことによって後の調理の感覚が変わってきます。要は形をきれいに整えるのが難しくなります。また出汁の種類はどのようなものでも構いません。一般家庭でよく使われているのは顆粒タイプのものです。これだと出汁を一から取る手間も省けて水に溶かすだけで使えるので非常に楽です。また白出汁を使うこともできます。白出汁も水に希釈するだけで使えるので簡単に取れる出汁です。しかも白出汁の場合すでに味が調整されており醤油やみりんを加えなくても味がしっかりと付いています。そのため以下に挙げる調味料を入れる必要は特にありません。
・砂糖小さじ1
・薄口醤油小さじ1弱
・みりん小さじ1
・片栗粉小さじ1
出汁巻き卵の味を調整するものとしてこれらがよく使われています。どれを加えても構いませんが量が多くなりすぎると出汁の良さを消してしまうので注意しましょう。砂糖を入れるのは甘味が欲しいとき、醤油を入れるのは塩味が欲しいときです。片栗粉に関しては出汁との相性が良く、上手く作ればうま味を向上させることができるでしょう。

焼くときの注意点

出汁巻き卵の調理に苦労するポイントと言えばやはり形作りだと思います。味を整えるのは調味料で基本的にできるのでおいしくは出来上がるものの見た目をキレイにするのはテクニックが必要です。そこで、キレイに焼くときの注意点を覚えておきましょう。

・焼け具合をよく見る
卵液は複数回に分けて焼いていきますが、卵焼き器に入れた卵は半熟になった時点で形を整えていくようにしましょう。火を通し過ぎると接着ができなくなってしまいます。

・後から整えることもできる

もう一つ大事なこととして、最初の卵液でキレイにできなくてもまだまだ取返しはつくということを覚えておきましょう。卵液の少ない段階では形を整えるのが難しいです。しかも余熱によって形を整えることも可能なので最後まで集中して焼き切りましょう。

・慌てず落ち着いて作業する

卵が固まるのは待ってくれないので焦ってしまいがちですが落ち着いて取り組めばそれほど難しい料理でもありません。何度か卵をひっくり返しながら少しずつきれいにしていけば良いでしょう。また、ひっくり返す時にはヘラを使うとやりやすいかもしれません。この辺は人によって使いやすさも違うと思うので自分なりにやりやすいと感じる器具を使いましょう。