だし巻き卵の作り方について

基本的な料理だが難易度も高い

卵を使った料理はバリエーションが豊富で世界中で様々なアレンジがされています。日本料理においても卵は欠かせません。卵がメインとなる料理に厚焼き玉子などがあります。厚焼き玉子は見た目のシンプルさに反して意外と綺麗に作るのが難しい料理です。この厚焼き玉子に似た、だし巻き卵はレシピや作り方もかなり似通っている料理です。しかし出汁が入ることでより難易度が上がってしまいます。この難易度というのは主に調理過程後半で卵を巻く作業のことを指します。この巻く作業が上手くいくかどうかが見ための美しさに大きく影響してきます。

だし巻き卵の特徴

だし巻き卵は人によってもレシピがことなります。特に卵の量や出汁の量、さらにみりんや醤油、砂糖を入れる場合や入れない場合があります。好みも分かれるので、詳細には自分に合った材料を見つけていかなくてはなりません。また厚焼き玉子と違うのはこうした出汁汁等を入れるかどうかという点になります。これを入れることによってうま味や風味が豊かになります。調理過程の違いは卵液をより小分けにして少しずつ足していくことや、固まりきらない半熟の状態で巻き始めるようにすることとなります。

必要な材料

目安としてそれぞれ必要となる材料やその分量を紹介します。
・卵4個
・白だし20ml
・サラダ油適量
4人分のだし巻き卵を作る時の最低限必要なものを書き出しました。たったこれだけでおいしく作ることが可能です。白だしは、昆布だしやカツオだしなどに醤油や砂糖、みりんを加えて作った出汁で、使用する場合希釈することが必要です。ここに含まれている醤油は薄口醤油を使用していることから、出汁による変色を心配する必要がありません。素材の持っている色を活かすことができ、だし巻き卵の他茶碗蒸しやうどん、煮物にも使用されうま味を加えることができます。白だしの代わりに、自分で取っただし汁に薄口醤油とみりんなど好みに合わせて加えたものを卵に絡ませる方法もあります。簡単に済ませる場合にはほんだしを使えば時間の短縮をすることもできるでしょう。

だし巻き卵を作る手順

1. 卵をボウルに割り入れて出汁を加えます。甘く仕上げたい場合にはここで砂糖を入れると良いでしょう。出汁に白だしを使った場合にはすでに塩分やうま味が加えられているため醤油や塩を余分に入れる必要はありません。
2. この卵液をよくかき混ぜたあとこし器でこします。このことで柔らかく滑らかな料理にすることができます。
3. 卵焼き器にサラダ油をひいてしっかりと温めてから卵液を少量流し込みます。
4. 箸で軽く混ぜたあと半熟程度に卵が固まってくると卵を奥に寄せます。このとき余熱でも固まってくるので火を強くし過ぎないようにしましょう。
5. 手前にできたスペースに再度油をひいて卵液を再投入します。流し込むとき、すでに固めた分の卵をめくり上げその下にも流れるようにしましょう。
6. 流した卵が固まれば手前にひっくり返します。
7. 再び卵を奥によせて、空いたスペースに卵を流し込みます。この作業を5回ほど繰り返せば完成です。
出汁を多く含むほどこの巻く作業が難しくなりますが、何回も練習していると徐々に綺麗なだし巻き卵が作れるようになるでしょう。