だし茶漬け屋の出汁を使った簡単レシピ3選

さらっと!栄養たっぷり冷汁

えんでも人気の冷汁をご家庭で。ポイントはだしをしっかりと冷やすことです。たっぷりの野菜も一緒に食べられる熱い夏にぴったりな一品です。

【材料】
にぼし…15g
すりごま…大さじ1
だし茶漬け屋の出汁…大さじ2
水…300cc
合わせ味噌…大さじ1
きゅうり…1/2本
なす…1/2本
みょうが…1本
塩(塩もみ用)…適量
あじの干物…1/2尾
梅干し…2個
白ごま…少々
ご飯…2膳分

【作り方】
1.にぼしをフードプロセッサー、又はすり鉢で形がなくなるまで擦ります。だし茶漬け屋の出汁と水を火にかけ沸いたらみそを入れて溶き、そのまま冷まします。冷えたら擦ったにぼしとすりごまを入れ軽くかき混ぜます。
2.きゅうり、なす、みょうがは全て厚さ1mm程の半月切りにし、塩もみしておきます。あじの干物は焼いた後、身骨から外して軽く手でほぐしておきます。
3.ご飯をざるにあけて水洗いし、氷水に通してしっかりと締めて水気を切っておきます。
4.大きめの茶碗にご飯を盛り、塩もみした野菜、焼いたあじのほぐし身、たたいた梅干しをのせます。
5.冷たく冷やした冷汁だしをかけ、最後に白ごまを振って出来上がりです。

アレンジ自在!シンプルお雑煮

お正月にお雑煮で楽しむのもよし、茹でたそうめんを入れて上品な麺料理にアレンジすることもできるレシピです。

【材料】
鶏むね肉…1/2枚(約120g)
大根…80g
だし茶漬け屋の出汁…80cc
水…800cc
かまぼこ…適量
小松菜…1束
人参…少々
餅…適量
柚子皮…少々

【作り方】
1.鶏肉は1個約10gくらいに小さく切ります。大根は皮をむいて3~4mm厚のいちょう切りにします。
2.人参は梅の型にくりぬき、さっと茹でます。飾り用の柚子皮は良く洗ってうすくそぎ、千切りにします。
3.かまぼこは5㎜の暑さにスライスします。小松菜はさっと茹でて冷水でさまして水気をしぼっておきます。
4.鍋に出汁と水、大根を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして5分煮ます。鶏肉を加えて再沸騰させ、弱火にしてさらに5分煮て火をとめます。
5.餅をトースター等でこんがり焼いてお椀に入れ、鶏肉、大根を盛り、4の出汁を張ります。
6.かまぼこ、小松菜、人参、柚子皮を飾って出来上がりです。おひるごはん用には細めのうどんやそうめんを入れて麺類にアレンジしてもよいでしょう。

さっぱり梅豚うどん

梅を使ったさっぱりと食べやすいうどんです。

【材料】
だし茶漬け屋の出汁…30cc
水…270cc
豚バラ肉…50g
冷凍うどん…1玉
小松菜…20g
梅干し…1個
長ねぎ…5g
刻み海苔…少々
白ゴマ…お好みで

【作り方】
1.鍋にだし茶漬け屋の出汁と水をいれて火にかけます。沸騰したら食べやすい大きさに切った豚肉を入れて途中アクが出たら救いながら火が通るまで2~3分煮ます。
2.別の鍋でうどんを茹でます。茹で上がったうどんは、しっかり湯切りし温めておいた器に盛ります。
3.うどんの上から2の豚肉を出汁ごとかけます。茹でて食べやすい長さに切った小松菜、種をとって軽く包丁でたたいた梅、長ねぎや海苔などを盛り付けて出来上がりです。うどんのほかにひやむぎやそうめんで作ると体調が悪い時にも消化がよく食べやすくなります。