だし茶漬け屋の出汁を使った麺料理

だし茶漬け屋の出汁を使った簡単にできる麺料理をご紹介します。だしを使うことでぐっとプロの味に近づきますよ。

和風だしのフォー

ベトナムの国民食、フォーにだしを加えた和風フォーです。だし茶漬けの出汁には鶏ガラが入っているのでスープのコクも抜群です。

【材料】2人分
鶏もも肉…1枚
長ねぎ青い部分…1本
生姜…1片
水…約1,000cc
鶏肉を茹でた茹で汁…550cc
だし茶漬け屋の出汁…50cc
レモン汁…5cc
フォー(乾麺)… 70g (茹で後 約200g)
水菜…5g
もやし …20g
トマト1/4個
茹でた鶏もも肉…1/2枚
油揚げ…1/3枚
万能ねぎ 2g
鶏スープ …300cc
ライムまたはレモンのカット…お好みで
パクチー…お好みで

1.鍋に水を入れて、鶏もも肉、長ねぎ、生姜を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で5分、アクをとりながら煮ます。鶏肉は取り出して冷まし、食べやすい大きさに細切りします。茹で汁はそのまま冷ましておきます。
2.水菜は5cmの長さににカットして水洗いします。もやしはさっと茹で、冷水にとって冷まし、水気を切っておきます。
3.トマトは食べやすい大きさにカットします。皮がきになる場合は湯むきします。
4.油揚げは、オーブントースターで焦げないような表面がカリッとするまで焼きます。
5.冷ました鶏の茹で汁をペーパーで濾し、出汁、レモン汁を合わせてスープを作ります。
6.フォーを袋の表示通り茹でて冷水にとって冷ましてしっかり水分を切り、器に盛りつけます。具材を乗せ、冷たいスープを加えて出来上がです。スープは冷やしても、温めても良いでしょう。好みでカットしたレモンかライム、刻んだパクチーを添えてください。フォーがなければ細めのうどんやそうめんを使ってもよいでしょう。

キャベツとカニのアンチョビ和風パスタ

ズワイガニを使ったぜいたくなパスタはカニの缶汁ごと使うのがおいしく作るポイントです。だしのうまみと合わさって、まさにお店の味!

【材料】
キャベツ…100g
ズワイガニ(缶詰め等)… 30g
オリーブオイル…60g
アンチョビフィレ…2枚
にんにく…1片
スパゲッティ1.6m…100g
たかの爪…1本
だし茶漬け屋の出汁…5cc
パスタの茹で汁…60cc
塩(茹で用)…適量

【作り方】
1.キャベツは4~5cmのザク切りにします。芯の部分は火が入りやすいようにそぎ切りにします。ズワイガニは食べやすい大きさに手でさき、缶汁は取っておきます。
2.にんにく、アンチョビはみじん切りにします。
3.鍋にたっぷりの湯をわかして塩(分量外)を入れパスタを茹でます。表示の時間より30秒~1分短めにあげます。茹で汁は少量取っておきます。
4.フライパンにオリーブオイル、アンチョビ、にんにく、種を取った鷹の爪を入れて弱火にかけ、
香りが出るまで炒めます。
5.キャベツを炒め、しんなりしてきたらズワイガニを缶汁ごと入れて、だし茶漬け屋の出汁と茹で汁を加えます。フライパンをゆすって、油とだしを全体がとろりと白っぽくなるまで乳化させます。
6.茹であがったパスタを加え、フライパンをゆすって全体にソースを絡めて出来上がりです。

【ポイント】
キャベツはパスタと一緒に茹でてもよいでしょう。時間があるときはフライパンで炒めることで香ばしさとキャベツ特有の甘みが引き出せます。