ふわふわやわらか出汁巻き卵レシピ

いつもの出汁巻きにさまざまな材料を+ことでふんわりと柔らかな出汁巻き卵を作ることができます。

マヨネーズでふわふわ!出汁巻き卵

ふわふわの焼きあがりが期待できるマヨネーズを入れた出汁巻き卵、マヨネーズの味は不思議と残りません。

【材料】
卵…3個
水…大さじ4
酒…大さじ1
マヨネーズ…大さじ1
顆粒だし…小さじ1
醤油…小さじ1
塩…小さじ1/2
サラダ油…適量
大根おろし…適量
醤油…適量

【作り方】
卵を溶きほぐし、調味料とともにマヨネーズを入れてしっかりとかき混ぜます。油を敷いたフライパンを温め、通常の出汁巻きと同様巻いていきます。

【ポイント】
マヨネーズを入れることでふわふわに焼きあがるのは、マヨネーズを作るときの乳化にあります。乳化しているマヨネーズを卵液に入れることで、タンパク質の焼いて固まる性質に柔らかに働き、冷めてもふんわりとした出汁巻き卵が出来上がります。

はんぺん入りでふわふわ出汁巻き卵

はんぺんを入れた出汁巻きはシュワシュワとやわらかなおいしさです。めんつゆを使うことでだしをとる手間が省けるのでお弁当にもぴったりです。

【材料】
はんぺん…1枚
卵…2個
塩コショウ…少々
めんつゆ…大さじ1
ほんだし…小さじ1

【作り方】
はんぺんは袋に入ったまま手で細かく潰します。多少大きな粒が残っていても大丈夫です。溶きほぐした卵に調味料を入れ、つぶしたはんぺんを入れて混ぜます。油を敷いたフライパンを温め、通常の出汁巻きと同様巻いていきます。

【ポイント】
はんぺんはすり身に空気を含ませて作られるため、卵に入れると空気をたっぷり含みます。お正月のおせちに入れる伊達巻を家庭で作るときは白身魚のすり身の代わりにはんぺんを使うと簡単にできます。はんぺんのほんのりした甘さが光る出汁巻き卵です。

卵豆腐入りのふわふわ出汁巻き卵

卵豆腐を使えばだしも調味料も要りません。

【材料】
卵…2個
卵豆腐…1個
卵豆腐のタレ…1〜2個

【作り方】
卵を溶きほぐし、卵豆腐を加えて全体がほぐれるまでしっかりとかき混ぜます。卵豆腐のたれも加えて混ぜ合わせます。油を敷いたフライパンを温め、通常の出汁巻きと同様巻いていきます。

【ポイント】
卵豆腐には卵と出汁があらかじめ入っているため出汁を別に入れる必要がありません。さらに付属のたれを使うことで味付けの手間を省くことができます。

マシュマロ入りでふわふわ出汁巻き卵

意外かもしれませんが、空気がたっぷりと入ったマシュマロを使うことで出汁巻きが柔らかく仕上がります。
【材料】
マシュマロ…40g
卵…3個
塩…ひとつまみ
出汁…100ml

【作り方】
マシュマロと出汁を耐熱容器に入れてラップをかけ、1分ほど加熱します。しっかりとマシュマロのダマがなくなるまで混ぜ合わせ、塩とともに溶きほぐした卵に入れます。油を敷いたフライパンを温め、通常の出汁巻きと同様巻いていきます。

【ポイント】
マシュマロは空気をたっぷり含んでいるため柔らかい出汁巻きを作ることができます。砂糖も入っているためほんのりとした甘い出汁巻き卵が出来上がります。マシュマロと出汁を卵液に入れる時は、粗熱がとれていることを確認してください。熱すぎると卵が固まってしまいます。