ほんだしで作る出汁茶漬け

出汁の色んな使い道

・和食に限らない

出汁は料理の基礎部分であり色んなものに活用されます。特に昆布出汁やかつお出汁は和食に欠かすことのできない重要な存在です。出汁を取るための素材によって出汁の種類が決まります。また同じ素材でも取り方を変えれば用途の違う出汁を取ることも可能です。出汁に使える素材の種類も豊富で、その分出汁の種類も多岐にわたります。和食のみならず出汁を取るという行為は世界中でされています。みそ汁や湯豆腐、出汁巻き卵など他にも紹介しきれないほどの使い道があります。

・出汁茶漬け

ここではそんな出汁を使った料理の中でも出汁茶漬けに着目してレシピの紹介をしていきます。出汁茶漬けとお茶漬けは区別があいまいになることもあり類似している点は非常に多い食品です。しかし出汁茶漬けは出汁が強調されているという点でお茶漬けと異なっています。出汁茶漬けはご飯に具材を乗せ、出汁をかけた簡単なものですが出汁がそれぞれの食材の良さを引き立てて香りやうま味を味わうことができます。

・出汁茶漬けに使う出汁

通常出汁茶漬けに使用される出汁はかつお出汁です。しかし出汁茶漬けを食べるだけにかつお出汁を取ることはあまりしません。出汁を取るには多少時間と労力が必要なので作り置きをして使っていくこともあります。または今回のような少しだけ出汁が欲しい場合には顆粒を溶かして作る出汁がよく用いられます。

ほんだしを使ったレシピ

ほんだしは出汁となる素を凝縮し顆粒にした食品です。かつお風味の出汁を取ることができ、さらに水に溶かすだけで作れるという便利なものです。日々の食事に対して毎度出汁を作っていたのでは忙しくて仕方ないのでこうした顆粒タイプの出汁があると非常に時間短縮ができます。出汁茶漬けに使う程度の出汁の量であれば小さじ1のほんだしで構いません。具材は好みでご飯の上に乗せていきます。鮭や梅干しを乗せると見た目も華やかな出来上がりとなります。他にはネギや白ごま、海苔などもよく使われます。本出汁を使った出汁茶漬けのレシピをまとめると
1. ご飯の上に具材を乗せる
2. ほんだしを小さじ1かける
3. お湯をかける
必要な手順はたったこれだけです。ほんだしを使うだけでここまで簡素に早く出汁茶漬けを作ることができます。

かつお出汁の特徴

・素材から出汁を取る良さ

ほんだしがあればかつお節から出汁を取る必要はなくなってしまうということはありません。濃厚なうま味やコクを抽出するにはやはり天然の素材からとることが大切です。ビタミンやミネラルなど、うま味以外にも出される成分もありこれらが相互に作用することでかつお出汁の上品な味わいを作り出すことができます。

・かつお出汁から取れるうま味成分

うま味にも種類があり、うま味成分の種類によって変わってきます。アミノ酸系と核酸系があり、かつお出汁は核酸系に分類されるイノシン酸が豊富に含まれています。動物性の食材であるかつお節はアミノ酸系であるグルタミン酸との相性が良く、これがうま味の主成分となる食材には昆布などがあります。出汁を使う意味は料理の味を整えて素材の持つおいしさを引き立てることにあります。しかしかつお出汁に関しては出汁そのものがメインとなることも多いです。みそ汁のような汁物に使われ、出汁茶漬けもその一つに該当する料理です。