ほんだしを使ったお手軽汁物レシピ3選

朝食や、寒い日に飲みたくなる汁物もほんだしを使えば手軽にすぐできます。ほんだしを使って具材に工夫を凝らした汁物をご紹介します。野菜がたっぷりとれて栄養バランスも良く、おじややうどんと組み合わせて一品料理へのアレンジも自在です。

きのことたまごのふわふわかき玉汁

きのこのうまみがスープに溶けたヘルシーな一品です。

【材料】(4人分)
しめじ…1パック(100g)
えのきだけ…1袋
しいたけ…4枚
水…4カップ
しょうゆ…大さじ1・1/2
みりん…大さじ1
酒…小さじ2
ほんだし…1本(8g)
塩…小さじ1/3
溶き卵…2個分
小ねぎの小口切り…適量

【作り方】
1.しめじ石づきを切って小房に分け、えのきだけは下から2cmほど切り、長さを3等分に切ってほぐしておきます。しいたけは石づきを取り除いて薄切りにします。
2.鍋に調味料と水を入れて火にかけ、沸騰したらしめじ・えのきだけ・しいたけを加えてさらに煮ます。
3.軽く煮立ったところに溶き卵を静かに加え、大きくゆっくりと混ぜます。卵が浮いてきたら、火を止め、器に盛り小ねぎを散して出来上がりです。寒い時期には片栗粉でとろみをつけるのがおすすめです。
卵を加える前にとろみをつけます。片栗粉でとろみをつけるとより卵がふんわり仕上がります。

切干大根とじゃこの味噌汁

いつもの大根を切干大根に変えることで食感の違いが楽しめます。保存がきく切干大根は日持ちがするので野菜がなくても手軽にみそ汁が楽しめます。

【材料】
切り干し大根…20g
ちりめんじゃこ…20g
小松菜…2/3束(200g)
水…700ml
ほんだし…小さじ山盛り1
味噌…大さじ2

【作り方】
1.切り干し大根はサッと水洗いし、キッチンばさみで食べやすい長さに切ります。小松菜は食べやすい長さに切ります。
2.鍋にちりめんじゃこを入れてカリッとするまで水分を飛ばすように空煎りし、調味料と切り干し大根を加えて煮ます。
3.切り干し大根がやわらかくなったら小松菜を加え、小松菜がしんなりしたら火を弱めてみそを溶き入れて出来上がりです。切干大根は煮るので戻す必要はありません。

野菜たっぷりチゲ風味噌汁

たっぷりと野菜が取れるチゲ風味噌汁は寒い冬にぴったりです。ご飯を入れておじやにしたり、うどんを入れたりとアレンジも自在です。

【材料】(4人分)
もやし…1袋(200g)
にんじん…1/3本(50g)
にら…1/2束(50g)
白菜キムチ…60g
溶き卵…1個分
水…3カップ
ほんだし…小さじ山盛り1
味噌…大さじ2
すり白ごま…小さじ2

【作り方】
1.にんじんは短冊切りにし、にらは4cmの長さに切ります。白菜キムチは粗く刻んでおきます。水分は切らずにそのまま使います。
2.鍋にもやし、にんじん、水と調味料を入れて火にかけ、野菜がやわらかくなったら、味噌を溶き入れます。
3.最後ににらと刻んだ白菜キムチを加えてサッと煮て、溶き卵を回し入れ、すりごまを振って出来上がりです。にらは火が通りやすいので最後に加えましょう。匂いが気にならなければしょうがやにんにくのすりおろしを少量加えることでさらに身体があたたまります。辛いのが苦手な方は仕上げに溶き卵を加えてかき玉風にするとまろやかになります。