ほんだしを使ったすぐできる鍋レシピ3選

今夜は鍋にしたいけど、出汁を取るのが面倒…そんなときに活躍するのがほんだしです。ほんだしを使えば出汁を取らなくてもおいしい鍋が楽しめます。

豚バラと白菜のミルフィーユ鍋

ほんだしといえば有名なのがミルフィーユ鍋です。豚バラの脂の旨味、白菜の甘さをほんだしがさらに引き立てます!

【材料】4人分
豚バラ薄切り肉…300g
白菜…1/2株(1000g)
ほんだし…大さじ2
水…1200ml
しょうゆ…大さじ2
塩…小さじ1/2
白髪ねぎ…1本分
小ねぎ・小口切り…3本分
しょうがのせん切り…1/4かけ分
胡椒、ポン酢…お好みで

【作り方】
1.白菜は洗って根の部分を切って1枚ずつはがします。根元に泥が溜まっていることが多いのでしっかりと洗います。しっかりと水分を拭き取った後白菜と豚肉を交互に重ねていきます。重ねたまま5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰めていきます。煮るとしんなりするのできっちりと詰めます。
2.ほんだしを振り入れ、調味料を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて蓋をし、白菜が柔らかくなるまで煮て出来上がりです。胡椒を多めに振ってそのまま食べても、またはポン酢につけてもおいしく食べることができます。

水菜と鶏肉、お揚げのさっぱり鍋

水菜を使ったさっぱりとしたお鍋です。鶏の旨味とお揚げのコクで水菜がたっぷり食べられます。

【材料】
鶏もも肉…1/4枚(80g)
水菜…1/2束(100g)
油揚げ…1/2枚
水…300ml
ほんだし…小さじ2
しょうゆ…小さじ1・1/2
酒…小さじ1

【作り方】
1.鶏肉はひと口大のそぎ切り、水菜は適当な長さに切ります。油揚げは十字に4等分にします。
2.鍋に調味料を入れて火にかけ、沸騰したら鶏肉を入れます。鶏肉の色が変わったら油揚げを加え、中弱火で7~8分ほど煮て鶏肉に火が通ったら水菜を加えてサッと煮てできあがりです。水菜は一気に加えず、食べる分だけ少しずつ入れましょう。

おろしたっぷり寒ぶり鍋

脂がしっかりとのったぶりを使った旨味たっぷりの鍋を大根おろしでさっぱりと仕上げます。

【材料】2人分
ぶり…2切れ(200g)
塩…少々
片栗粉…大さじ2
大根…10cm(250g)
白菜…1・1/2枚(150g)
水菜…1/4束(50g)
絹ごし豆腐…1/3丁(100g)
油揚げ…1枚
水…2カップ
しょうゆ…大さじ2
酒…大さじ2
ほんだし…小さじ1
サラダ油…大さじ1

【作り方】
1.ぶりは塩をふって5分ほどおき、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。そぎ切りにして全体に薄く片栗粉をまぶします。こうすることでぶりのうまみが逃がさずに調理できます。
2.白菜はザク切りにし、水菜は5㎝の長さに切ります。豆腐はひと口大に切り、油揚げはタテ半分に切ってから2㎝幅に切ります。大根は半分は3㎜幅のいちょう切りにし、残りはすりおろしておきます。
3.フライパンに油を熱し、ぶりを入れて焼き色がつくまで両面焼きます。
4.鍋に調味料と水を入れて火にかけ、煮立ったら切った白菜・豆腐・油揚げ・いちょう切りの大根を加えて煮ます。
5.野菜が全体的に柔らかくなったら、水菜と大根おろしを入れ、焼いておいたぶりを加えてひと煮立ちさせてできあがりです。