パックによる出汁の取り方とメリット

出汁を取る色んな方法

・うま味や香り付けの役目

出汁は、出汁そのものだけで食事をするような存在ではなくあくまで料理に加えて使われるような食材です。しかし種類はかなり豊富で、それだけ出汁にも需要があるということが分かります。出汁が入ることでうま味や香りを付けることもでき、様々な料理への活用がされています。出汁の種類とは基本的に素材による違いからきています。

・和食で使われる出汁

よく使われる出汁でも昆布やかつお、煮干し、シイタケなど色んな素材があります。色んなパターンがあることで多様な食文化にも対応ができます。日本では昆布出汁やかつお出汁が最も使われており、和食の基礎ともなる存在です。

・出汁の多様性

最近では出汁の多様性も増しており和食以外に中華料理や洋食にも使える出汁も周知されるようになりました。しかし出汁の多様性はその種類が多いということだけでなく、出汁の取り方が一通りではないことも関係しています。例えばかつお節から出汁を取るだけでも数パターンあります。一番出汁や二番出汁など、素材の状態によって出汁の状態も変わるということを利用しています。また別の考え方から出汁の取り方を見れば、現代ではパックや顆粒を使った簡単な出汁の取り方もあります。便利さや時間短縮を図った商品でありいくつかの食品メーカーが類似したものを作っているので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

パックで出汁を取る方法

天然素材から出汁を取る方法、顆粒から出汁を取る方法、そしてパックから出汁を取る方法があります。それぞれにメリットがあるので個人の食生活の在り方に合わせてこれを選ぶと良いでしょう。

・素材から取る

天然素材から出汁を取るのが従来から行われてきた本来の出汁の取り方です。もっとも深い香りやうま味を抽出することができ、本格的な料理をするときには手間をかけてでも素材から出汁を取ります。しかし時間がかかってしまうことや面倒さも伴ってしまい時間がない時にはできないかもしれません。

・顆粒タイプ

次に顆粒から出汁を取る方法ですが、これは簡単さと自由度の高さを兼ね備えた手法と言えます。水に溶かすだけで使えるので素材から出汁を取るのと比べてはるかに短い時間で作ることができます。水との割合に応じて味の濃さを調整することもできます。

・パックで取る

最後に、パックで出汁を取る方法についてです。これも顆粒から取る出汁のように非常に簡単な作業で出汁を取ることができます。一般的に顆粒タイプの出汁よりも本格的な風味にすることができます。袋を湯に浸すことで出汁を抽出することができます。また顆粒のように溶けてなくなってしまうものではないので二番出汁を取ることができるものもあります。天然素材に近い本格的な出汁が取れるものの濾す手間がないというメリットがあります。しかし濃さの調整などはパックを浸ける時間にもよるので常に一定の味にするには顆粒タイプのほうが優れていると言えます。

常備しておくと料理が楽になる

パックで出汁を取るには湯を沸かして浸すだけです。とても簡単で時短にもなります。そのためパックの出汁を持っておくことで緊急に出汁を取る必要が出てもすぐ対応ができます。どれか一つの手段にこだわる必要はないので色んなパターンを想定してこうした商品を持っておくと便利です。