似ているようで違う、出汁醤油とめんつゆの違い

出汁の風味がきいた出汁醤油は料理の味付けを簡単に決めることができる便利な調味料です。出汁醤油と似た調味料でめんつゆがありますが、この二つの調味料についての違いは何でしょうか。作り方や使い方などについてご紹介します。

出汁醤油とは

出汁醤油とは、あらかじめ醤油に昆布やかつお節などの出汁を合わせたもので、この出汁醤油を使うことで出汁を取る手間をかけずに旨味や風味を料理に持たせることができるとても便利な調味料です。おひたしや煮物、和え物など様々な和食に使うことができます。

直接料理の味付けに使うほかに、だし醤油を基本にしてめんつゆやすき焼きのベースに応用することもでき、とても便利な調味料です。

出汁醤油の使い方

出汁醤油は煮物などの味付けに使うほかに、卵かけごはんやおひたしなど直接料理の味付けに使うことができます。出汁醤油は出汁と醤油を合わせて使うより水分が少なく、直接料理にかけたり合えたりしても水っぽくなりにくいのも特徴です。出汁の香りが加わることでいつもの料理の味がワンランクアップします。

めんつゆとは

めんつゆとは醤油を基本に出汁を加え、みりんや酒、砂糖などを混ぜて作られた調味料のことを指します。そばやうどん、そうめんなど麺類に使う調味料として生まれました。そのまま使うストレートタイプのほか、水を加えて希釈して使うタイプなどが市販されています。

めんつゆの使い方

そうめんやそばつゆとして使う場合は表示通りに水やお湯で薄めて使用します。さらにめんつゆはつゆとしてだけでなく調味料として料理に使うことができます。めんつゆ出汁のほかにみりんや酒も入っていることから、炊き込みご飯の味付けや肉・魚の照り焼きなどにめんつゆを使うだけでしっかりとした味付けをすることができます。砂糖やみりんの効果で料理にコクやつやを生み出す働きもあります。メーカーや濃縮タイプによって味や濃さが異なるため、料理に使う際は使用量を調整しながら使うことが大切です。

出汁醤油とめんつゆの違い

では出汁醤油とめんつゆの違いはどのようなところでしょうか。出汁醤油の材料が醤油、出汁、塩と砂糖などの甘味料であるのに対し、めんつゆは醤油、出汁のほかに砂糖、みりん、酒などが入ります。醤油と出汁は共通ですが、めんつゆには酒やみりんが入ることでまろやかなうまみや甘みが加わっています。
また、使い道として出汁醤油を味付けに使う場合は砂糖やみりんの甘みを別にプラスすることが必要です。

出汁醤油を使っためんつゆの作り方

あらかじめだしが入った出汁醤油をベースに甘みをプラスすることで簡単にめんつゆを作ることができます。甘みは好みで加減してください

【材料】
出汁醤油…100cc
みりん…大さじ2~4
砂糖…大さじ2~4

【作り方】
出汁醤油とみりん、砂糖を鍋に入れて火にかけ、砂糖が溶けて沸騰する直前になったら火を止めます。保存する場合は完全に冷まし、保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。作ってすぐよりも一晩以上寝かせることで味がなじんでまろやかになり美味しくなります。沸騰させてしまうと出汁の香りが飛んで風味が悪くなるため、あまり沸かしすぎないように注意しましょう。