作り過ぎた出汁の保存方法

出汁が残ってしまった場合

出汁は様々な料理に使われ、種類に応じてその活用の幅も広がります。しかし一度作った出汁の分量がそのとき必要な分量とぴったり合うとは限りません。ほんの少し残ってしまった程度であれば特に気にせず捨てることもあるかと思いますが、予想以上に作ってしまい捨てるにはもったいないこともあります。せっかく手間暇かけて取った出汁なので何とかして保存し、次の調理に使いたいものです。そこで出汁がどれくらいの期間保存することが可能なのか、その保存方法と合わせて説明していきます。

冷蔵か冷凍か

まず保存すると聞いて想像できる方法は冷蔵庫や冷凍庫に入れておくことだと思います。常温で放置しておくのは良くありません。さらに常温保存でも密閉された容器に入れるわけでもなく作った鍋の状態のまま置いておくとあっという間に酸化し、腐敗が進んでしまいます。他の一般的な食材と同様に考えるとよくて、出汁においても夏場は特に注意する必要があります。気温の高い季節にはより痛みが早くなります。そのため保存をしようとするのであればまず冷蔵庫に入れるか、冷凍庫に入れるかどうかで悩むようにしましょう。

冷蔵庫で保存

冷蔵庫に入れることで常温保存する場合に比べて菌の繁殖をおさえることが可能です。しかし長期の保存まではできません。目安の期間としては2・3日から長くても1週間程度とされています。保存期間に幅があるのは出汁の出来上がりの状態や保存の状態による差が関係しています。しかしどんな出汁においても作ったその時に使用するのが最も衛生的でおいしく味わうことができることに違いはありません。また1週間という保存期間にも味の保証はありません。徐々に味が落ちていくのは覚悟をしなくてはなりません。

冷凍庫で保存

残った出汁を冷凍庫に入れることで、冷蔵保存するときに比べて長い間保存することができるでしょう。時間が経てば味が落ちて衛生的にも良くなくなっていくという考え方は冷蔵庫に入れたときと同じです。しかし冷凍庫で保存することで冷蔵するよりは長持ちするため近いうちの使用予定がなければ冷凍庫に入れるという手段を取っても良いでしょう。冷凍保存では一般的に最大3週間から1か月ほど持つとされています。

それぞれのメリットとデメリット

・冷蔵保存の良さ

保存できる期間以外に冷蔵保存と冷凍保存とでは実用的な面において違いがあります。冷蔵保存では保存期間が短い一方で液体のまま置いておけるので使いたいときすぐに使えます。これに対して冷凍保存の場合には解凍をする手間が生まれてしまいます。また、水出しによって出汁を取るのであれば一度火にかけた出汁を冷ますことや容器に移す必要もなくそのまま冷蔵庫に直行すれば良いので作業が楽になります。

・冷凍保存の良さ

冷凍保存の良い点としては固体として置いておけるので製氷機などを使ってブロック状に形作ることが可能で、あらかじめ分量を調整しておけば使いたいときに使いたい分の出汁のみを解凍し使っていくことができます。そうすることで使わない分の保存状態はそのままに保つことができます。水出しによる場合と同様で、初めから全てを使い切ることができなさそうと思うのであれば保存することを念頭に出汁を取ることも必要になってくるでしょう。