出汁の常温保存について

出汁の保存方法は料理と同じように考える

・残ってしまうこともある

出汁を作っているといつかは保存に関する疑問が出てきます。常に取った出汁を使いきれるとは限りません。想像以上にできてしまって残ってしまうこともあると思います。また、出汁を取る作業は時間もかかるので、できれば一度に大量の作り置きしておきたいと考えるものです。

・長くはもたない

しかし出汁は長期保存に向いたものとは言えません。冷凍庫に入れて保存すればその期間を延ばすことも可能ですが、きちんとした保存状態でなければ風味が落ちるスピードはさらに早まってしまいます。例えば料理を作って残ってしまったとき、捨てるのはもったいないので次の日に置いておこうと考える場合もあります。このときしっかりと保存しようとするのであれば常温で放置せずにラップなどで覆って冷蔵庫に入れるかと思います。特に夏のような日中の気温がとても高くなるような時期にはそのままテーブルに料理を放置しておくとすぐ腐ってしまうことでしょう。出汁の場合でも同様で、保存する場合できるだけ密閉し外気に触れないようにすることが大切です。そして冷蔵庫か冷凍庫に入れることで保存できる期間を延長できます。

常温での保存は可能か

予期せぬ出汁の残りが出てしまったとき、運悪く冷蔵庫や冷凍庫の中がいっぱいで入れることができないこともあるかもしれません。常温で保存ができれば出汁を移動させる必要もなく楽ですがどれくらいの間置いておくことができるのでしょうか。これにはやはり季節的な違いが大きくなってきます。冬であれば室温も低く、地域によっては暖房を使わなければ室温が冷蔵庫並みに低くなることもあります。そのため常温と言っても1日くらいは持つ可能性がでてきます。しかし一般的には常温での保存は手段として考えない方が良いでしょう。味が落ちるだけでなく衛生上良いものとは言えなくなってしまいます。しかし作ったときから半日程度であれば持つ可能性もあります。

冷蔵庫や冷凍庫を使った保存

冷蔵又は冷凍であれば常温で放置しておくよりはるかに安全に味を保つことができます。冷蔵庫に入れた場合長ければ1週間、冷凍庫であれば1か月持つこともあります。しかしこの期間、新鮮なまま出汁の状態を維持できるわけではありません。当然少しずつ傷んでくるのでどんな保存方法においてもできるだけ早く使い切るのが最良です。

便利な保存の仕方

どうせ保存するのであれば次回使用する際に便利な状態であることが望ましいです。ここで出来ることに、分量を分けておくことなどが挙げられます。冷蔵をする場合にはタッパーのような容器に入れておくこと、冷凍をする場合にも同様に小分けしておくことで次の調理がスムーズになります。しかしこうした保存をしておくのであれば冷凍のほうが向いています。冷蔵庫にいくつものタッパーあるとこぼしてしまう危険性も出てきてしまいます。

常温での保存は避けること

ここまでで紹介したように、冷蔵や冷凍の保存でさえも傷みの進行を止めることは不可能で、数日で使い物にならなくなることもあるので常温での保存は避けた方が良いと言えるでしょう。同じ日に使用する場合を除いては何か容器で出汁を密閉し低温を保つようにしてあげましょう。