出汁醤油とめんつゆの違い

だし醤油とは

・便利な調味料

だし醤油は今や食生活に欠かすことのできない醤油と出汁がブレンドされた便利な調味料です。醤油と出汁の相性が良くどちらも幅広い料理に使用ができ味を整えられ、特に煮物には効果的です。それ以外に焼き物に使うことも可能です。醤油も出汁も和食のイメージが強いものの洋食や他にも様々な食への応用ができる調味料でもあります。

・様々な種類がある

醤油にも出汁にもそれぞれ色んな種類があります。そのためこれらの掛け算をしただし醤油にも豊富な種類が予想できます。実際色んな味に調整されただし醤油が販売されています。もし好みの味がなければ自分で作ることもできます。最初には作る作業が必要となりますが作り置きをして冷蔵庫で保存すればその後の時間を有効活用することができます

めんつゆとの違い

・塩味と甘味

めんつゆにも出汁は含まれています。醤油も入っており見た目も似ているため共通点の多い調味料のように思うかもしれませんが性質は大きく違います。そのため使用場面にも大きな違いがあります。実際にこの両方をなめてみるとすぐに分かりますが、めんつゆは甘味がとても強いのに対してだし醤油は塩味や出汁のうま味が強めです。使われている材料が似ているのに味がこれだけ違うのには醤油の割合が関係しています。めんつゆの色は濃いですが醤油の割合はだし醤油と比べてだいぶ少なめに調整されています。一方だし醤油の場合名前に醤油が入っているだけあって醤油の割合がとても高いです。だし醤油でも色んな調味料が加えられることがあるもののめんつゆに比べるとこれらの割合は逆に低いです。

・よく入っている調味料

めんつゆの中によく混ぜられる調味料には醤油と出汁の他、みりんや砂糖、酒なども割合高めで入っていることが多いです。

使い方の違い

めんつゆとだし醤油には味の違いの他に使い方も違います。めんつゆは希釈して使うのが基本です。市販されているものを買った場合商品によって濃さは異なります。2倍に薄めて使うものや、もっと薄める場合もあります。使い勝手を重視したストレートの、つまり希釈を必要としないめんつゆも販売されています。また本来希釈するものであっても調理過程で汁ものに加える場合そのまま入れることもあります。これば汁があることで、水で希釈しているのと同じ効果が期待でき、あらかじめ希釈する水の分量を考慮したレシピになっていることも多いです。めんつゆとは違ってだし醤油を使う時そのまま薄めずにかけるのが基本です。醤油も出汁によって薄まりめんつゆよりもあっさりした味になっていることが多いです。出汁の割合が高く作られているので希釈の必要がありません。

同じ用途での使用はできない

上で説明したようにめんつゆとだし醤油は全く異なる調味料です。唯一似ているのはその見た目だけで、味や香りも違うのでお皿に注がれた状態でも判別は簡単にできます。素材そのものの味に加えて甘味や照りが欲しい場合に使うのがめんつゆで、出汁の効いた塩味が欲しい場合にはだし醤油が便利です。この両者の活躍の場は全く違うのでどちらかがあれば足りるというものではありません。しかしこの両方は基本的な調味料さえ準備すれば作ることもできるため必要に応じて自作してみても良いでしょう。