簡単!ほんだしを使っただし煮をご紹介

だし煮はシンプルに出汁で素材を煮た、本来の味を楽しむことができる料理です。ほんだしを使えば出汁を取る手間がなく、すぐに出来上がるのもメリットです。

オクラのだし煮

彩り鮮やかなオクラは焼き魚などの添え物としても重宝します。

【材料】2人分
オクラ…10本
水…200ml
ほんだし…小さじ2

【作り方】
1.オクラはがくを包丁でむくように取り除き、まな板に塩(分量外)を振って転がすようにして板ずりします。その後塩を水で洗い流し、斜め半分に切ります。
2.鍋に水とほんだしを入れて溶かし、オクラを入れて火にかけ、オクラがやわらかくなるまで煮ます。そのまま冷まして出来上がりです。

【ポイント】
だし煮はすぐに食べるより、冷める段階で味がしみ込むので作り置きにもぴったりです。

トマトのだし煮

【材料】2人分
ミニトマト…14個
水…200ml
ほんだし…小さじ2

【作り方】
1.トマトはヘタを取ります。十字に切り込みを入れ、沸かした湯に5秒ほどつけて氷水にとり、湯むきします。
2.鍋に水とほんだしを入れて溶かし、トマトを入れて火にかけて沸騰したら火からおろします。そのまま冷まして出来上がりです。

セロリとにんじんのだし煮

生では香りが苦手でもだし煮にすると食べやすくなります。

【材料】
セロリ…1/2本(100g)
にんじん…1/3本(50g)
水…200ml
ほんだし…小さじ2

【作り方】
1.セロリ、にんじんは皮をむき、5cmの長さの棒状に切ります。

2. 鍋に調味料と1のにんじんを入れて火にかけ、3分ほど煮ます。セロリを加え、やわらかくなるまで煮ます。そのまま冷まして出来上がりです。固いにんじんを先に入れるのがポイントです。そのまま食べる以外に、出汁巻き卵の具材にもおすすめです。

さやえんどうのだし煮

お弁当や煮物の彩りとしても便利です。

【材料】
さやえんどう…50g
水…200ml
ほんだし…小さじ2

【作り方】
1.さやえんどうはがくと筋を取ります。
2.鍋に調味料とさやえんどうを入れて火にかけ、さやえんどうがやわらかくなるまで煮ます。そのまま冷まして出来上がりです。

さつまいもとにんじんのだし煮

お弁当の彩りや付け合わせに便利です。

【材料】
さつまいも…90g
にんじん…30g
水…200ml
ほんだし…小さじ2

【作り方】
1.さつまいも、にんじんは1cm幅の輪切りにします。
2.鍋に調味料とさつまいも、にんじんを入れて火にかけ、さつまいもがやわらかくなるまで煮ます。そのまま冷まして出来上がりです。

パプリカのだし煮

【材料】
パプリカ(赤・黄)…1/2個
水…200ml
ほんだし…小さじ2

【作り方】
パプリカは細切りにします。鍋に調味料とパプリカ入れて火にかけ、パプリカがやわらかくなるまで煮ます。そのまま冷まして出来上がりです。

白菜のだし煮

【材料】
白菜…200g
水…200ml
ほんだし…小さじ2
塩コショウ…お好みで

【作り方】
白菜は食べやすい大きさに切ります。鍋に調味料と白菜入れて火にかけ、白菜がやわらかくなるまで煮ます。そのまま冷まして出来上がりです。そのまま食べる以外に出来上がりに片栗粉でとろみをつけ、うどんやそうめんなどのあんかけとして食べるのもおすすめです。