家庭でも作れるだし醤油

だし醤油で作る料理も旨味が出て美味しく味わえるでしょう。あらかじめだしが含まれているのでだしを取る手間がなく、調理時間の短縮につながります。また、そのままの素材にかけて味わうこともできるので非常に便利な調味料です。だし醤油は家庭でも手軽に作ることができます。また、保存もきくので作り置きすることもでき、経済的です。だし醤油の作り方を習得することによって、コクの深い料理を作ることができ、短時間で調理できるようになるでしょう。

だし醤油とは

だし醤油とは醤油にだしとなるかつお節や昆布などの旨味成分を合わせた調味料のことを言います。だしごとに味の種類が異なるので、用途によって使い分けることができます。醤油にかけたり、だしの旨味成分にしたりして使われます。だし醤油は味が濃く味わいがしっかりと舌に残るのが特徴です。

だし醤油の種類

かつお節のだし醤油は、醤油にかつお節で取っただしを加えたものです。かつおの風味が出てだしの香りと味わいが増した醤油になります。野菜との相性が良いです。汁物や煮物に使われます。おひたしにもおすすめです。

昆布のだし醤油は、醤油に昆布で取っただしを加えたものです。だしの味わいは薄めですが、昆布の甘味とまろやかさが加わった醤油になります。どんな料理にも合いますが、特に豚肉と相性が良いようです。

煮干しのだし醤油は、醤油に煮干しで取っただしを加えたものです。魚介の風味が強くクセのある醤油となります。うどんや味噌汁、煮物に使うと味が深まります。

牡蠣のだし醤油は、醤油に牡蠣で取っただしを加えたものです。少し独特ですが、牡蠣の風味が出て味にコクが出ます。そのままでも味わい深く美味しいだし醤油です。ご飯や冷奴にかけたり、中華料理に使われたりします。

メーカーごとのだし醤油

鎌田醤油のだし醤油は天然醸造の醤油をベースにさば、かつお、昆布のだしを合わせて作られただし醤油です。

3つのだしがバランス良くきいていて、甘味は少なくさっぱりとした風味です。醤油の味が強いので、そのままかけたり炒め物に使ったりしても良いしですし、めんつゆとして使うこともできるだし醤油です。

キッコーマンのだし醤油は丸大豆しょうゆをベースに真昆布のだしで作られただし醤油です。だしの旨味がきいていてまろやかさが引き立ちます。どんな料理にも合い、炒め物の味付けに使ったりそのままご飯や野菜にかけたりしても良いでしょう。

フンドーキンのだし醤油はかつお節のだしを使い甘口に仕上げただし醤油です。だしの旨味が出て口当たりもまろやかです。とろみがあるのが特徴です。甘めの煮物や卵かけご飯、炊き込みご飯に使っても良いでしょう。

だし醤油を作る

だし醤油(かつお節)の作り方

醤油 300㏄

酒 200㏄

みりん 200㏄

かつお削り節 20g

材料を全て鍋に入れて火にかけます。

煮立ったら弱火にしてそのまま10分程煮詰めます。

火から下ろして冷まします。冷めたらザルなどでこします。

冷蔵庫で保存します。冷蔵保存で3カ月ほどもちます。

だし醤油(昆布)の作り方

醤油 300cc

だし用昆布 1枚

昆布は乾いたふきんなどでふき取ります。容器に入るサイズに切ります。

容器に昆布と醤油を入れて冷蔵庫で寝かせます。

一晩寝かせたら完成です。