簡単いろいろだし茶漬け

だしを生かせる素朴な一品と言えば、だし茶漬けです。簡単な料理ですが、手軽にだしの旨味を味わえます。だしには実に様々な種類があるので、だし茶漬けのレシピをだしごとに習得するのも良いかもしれません。色々なだしを使ってお茶漬けもより楽しく調理でき、より美味しく味わうことができるでしょう。

お刺身で作るだし茶漬け

お刺身とだしをうまく組み合わせて簡単で美味しい一品を作れます。余ったお刺身を使っても良いでしょう。
材料(1人前)
お刺身 鯛、アジ、甘エビ、あおやぎ、サーモンなど 6~8切れ
ご飯 茶碗一杯分
昆布 1枚
水 適宜
白いりごま 適宜
だし醤油(フンドーキンのだし醤油) 少々
昆布は乾いたふきんでふき取り、水を入れた鍋に30分ほどつけておきます。
器にご飯を盛り、刺身を乗せて白いりごまをかけます。お好みでのりをかけても良いでしょう。
さらに、だし醤油を少々かけます。
昆布を入れた鍋を火にかけ、10分程沸騰するまで煮ます。
沸騰したら、昆布だし200ccを器に注ぎかけて、完成です。

とんかつだし茶漬け

材料(1人前)
とんかつ 2分の1枚
キャベツ 適量
ご飯 茶碗1杯分
白だし 50ml
水 200cc
青ねぎ 適宜
白いりごま 適宜
焼きのり 4分の1枚
とんかつは斜めそぎ切りにします。
キャベツは0.5mm幅くらいに切ります。青ねぎは小口切りにします。
器にご飯を盛り、キャベツを乗せ、とんかつを乗せます。青ねぎと白ごまをかけて、ちぎった焼きのりを乗せます。
鍋を火にかけ、白だしと水を入れて沸騰させます。
沸騰したら器に注ぎかけて、完成です。]

焼き茄子のだし茶漬け

茄子だけのシンプルなお茶漬けも、あごだしをプラスすることによって味わい深い一品となります。
材料(1人分)
茄子 1本~2本
ご飯 茶碗1杯分
だしの素(ヤマキあごだし)大さじ1~1.5
水 200cc
塩 少々
胡椒 少々
茄子は皮をむいて、縦に4等分してグリルで焼きます。
器にご飯を盛り、茄子を乗せ、塩胡椒をふります。
鍋に水とだしの素を入れて沸騰させます。
沸騰したら器に注ぎかけて、完成です。

あじのなめろうだし茶漬け

あじのなめろうとだしの風味の両方を味わえる少し贅沢なお茶漬けです。
材料(1人分)
(あじのなめろうの材料)
アジ(刺身用) 2分の1尾
味噌 大さじ1
酒 大さじ1
みょうが 2分の1個
大葉 1枚
長ねぎ 4㎝
しょうが 2分の1片
(だし茶漬けの材料)
ご飯 茶碗1杯分
干ししいたけ 適宜
水 150cc(お茶漬けにかけるだしとして必要な分)
水 50cc(だしを薄める分)
ほんだし(かつおだし) 少々
大葉 2枚
白いりごま 適宜
しいたけだしは事前に冷蔵庫で24時間水出ししておきます。
大葉は細切りにします。
アジはざく切りにし、みょうが、大葉、長ねぎ、しょうがを細かく刻みます。
アジに細かく刻んだ薬味を入れ、味噌、お酒を加えて包丁で全体がなめらかになるまでたたきます。
器にご飯を盛り、あじのなめろうと大葉を乗せ、白ごまをふりかけます。さらにほんだし(かつおだし)を少しかけます。
鍋にしいたけだしと水50ccを入れて沸騰させます。
沸騰して器に注ぎかけたら、完成です。

漬けまぐろのだし茶漬け

だしで漬けたまぐろにお湯をかけるだけという、シンプルな美味しさが際立つお茶漬けです。
材料(1人前)
まぐろ切り身 6切れ
ご飯 茶碗1杯分
だし醤油 150cc
みりん 150cc
お湯 200cc
きざみのり
青ねぎ
まぐろの切り身は余分な水気を切っておきます。青ねぎは小口切りにします。
ボウルにだし醤油とみりんを入れてまぐろの切り身を入れ30分程つけこみます。
器にご飯を盛り、まぐろの切り身と青ねぎときざみのりを乗せます。
ほんだし(昆布だし)をかけます。
器にお湯を注ぎかけて、完成です。